気になる銀歯を白くしましょう

  • 気になる銀歯を白くしましょう
  • 気になる銀歯を白くしましょう
  • 気になる銀歯を白くしましょう

「以前治療した銀歯が目立つ」「欠けた歯が気になる」
口元にコンプレックスがあると人前に出るのがおっくうになったり、笑うのをためらったりしてしまいます。美しい口元は笑顔を引き立てます。無意識で口元が気になって手で隠しているのでしたら、審美歯科を受診なさってはいかがでしょうか?

見た目と機能性を向上させる審美歯科

見た目と機能性を向上させる審美歯科

審美歯科は「口元を美しくする」ためだけの診療メニューだと思っていませんか? もちろん、より自然でよりきれいな見た目にする目的もありますが、歯本来の機能の回復も大切です。

審美歯科の受診はこんな方におすすめです
  • 銀歯を白い歯にしたい
  • 前歯のすき間を解消したい
  • 歯を白くしたい
  • 欠けた歯を治したい

銀歯とセラミックの違い

これまで虫歯の保険診療において当たり前に使われてきた銀歯。この銀歯とセラミックの歯の違いをご紹介します。

銀歯
銀歯
  セラミックの歯
セラミックの歯
保険適用です 概要 保険外診療(自費診療)となります
咬めるようにすることです 目的 見た目に自然で快適に咬めるようにすることです
  • 治療費が比較的安価です
  • 耐久性があります
メリット
  • 自然な美しさと咬み心地を追求できます
  • 汚れがつきにくく虫歯再発の可能性が低いといえます
  • 目立ちます
  • 汚れがつきやすいので治療部位付近に虫歯再発の可能性があります
デメリット
  • 治療費が比較的高額です

意外と知らない銀歯のリスク

意外と知らない銀歯のリスク

保険治療で使われている銀歯(金銀パラジウム合金)は、一定の安全性をクリアした素材です。しかし次のようなデメリットやリスクがあります。

見た目がよくありません

黒っぽい銀歯は白い歯列の中で不自然で目立ちます

歯ぐきが黒ずみます

銀歯から徐々に金属イオンが溶け出すので、その金属イオンが歯ぐきを黒ずませることがあります

金属アレルギーを引き起こすことがあります

金属のイオンが体内に取り込まれることにより、金属アレルギーを引き起こす危険性があります

審美歯科での取り扱い素材について

スーパーヤオコー内の歯医者「南流山リーフ歯科クリニック」では、見た目と機能性を回復するための審美歯科治療を行っています。さまざま素材を扱っていますので、患者様に合った素材をお選びいただけるはずです。

オールセラミック
オールセラミック 素材にセラミックのみを使用します。詰め物や被せ物に加工可能です。天然歯のような自然な白さと透明感が再現でき、耐久性にも優れ長く使っても摩耗や変色がほとんどありません。金属不使用なので金属アレルギーの心配がありません。
ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミック セラミックとレジン(歯科用プラスチック)の混合物です。詰め物や被せ物に使います。天然歯に近い硬さなので咬み合う歯を傷めません。オールセラミックに比べるとやや美しさの点で劣ります。金属不使用ですので金属アレルギーの心配がありません。
ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミック 光の透過性に優れ強度も高いジルコニアを内側に使用したセラミックの人工歯です。金属不使用ですので金属アレルギーの心配がありません。
メタルボンド
メタルボンド 金属の土台の表面にセラミックを焼きつけた人工歯で被せ物に加工します。内側が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用可能です。ただし経年によって歯の根元から金属が見えたり歯ぐきが黒ずんだり、金属アレルギーを起こす心配があります。
ファイバーコア
ファイバーコア 重度の虫歯を治療する際、被せ物の下に人工の土台(コア)をつくります。従来は金属でつくるこのコアを、グラスファイバー(ガラス繊維強化樹脂)で作製したコアです。天然歯に近い強度や柔軟性があるので、金属製に比べ歯根を傷つけにくく、光を透過するので美しく仕上がります。金属アレルギーの心配もありません。

南流山リーフ歯科クリニックの医院情報とアクセスはこちらをご覧ください

TOP